SIMフリーとは

SIMフリーって最近よく聞くけど今のスマホと何が違うのかわかんない、、なんて人は損しますよ。

ドコモ au ソフトバンクの大手キャリアでスマホを契約している人、SIMフリーを使うとスマホ代が確実に安くなります。

海外ではSIMフリー端末の利用は一般的、しかし日本では大手キャリアが規制をかけておりSIMフリーについて認知度がかなり低いです。

「SIMフリー義務化」などのニュースを見たことありませんか?総務省でも「SIMロック解除に関するガイドライン」を発表しており「SIMフリー」は増々注目されているキーワードといえます。

SIMフリーを理解して格安スマホを手に入れましょう。そうすれば今と変わりない環境でスマホ代を半額にすることが出来ちゃいます。

SIMフリーとは

SIMカードとは…
SIMフリーを説明する前にSIMカードとは何かを理解しましょう。SIMカードとはスマホに挿入して使うICカードのことです。
契約者を識別するために必要なカードで、電話番号や回線情報が記録されているためこれなくしてスマホは通信が行えません。
スマホとSIMカードはセットと思ってください。

SIMロックとは…
もう一つSIMフリー説明の前に理解しなくてはいけないのがSIMロック。各キャリアから販売されるスマホにはSIMロックがかかっています。
例えばドコモから購入したスマホはドコモのSIMカードにしか対応していません。なぜならドコモがスマホにSIMロックをかけてるからです。
よってドコモのスマホはauやソフトバンクでは使えないと言うことです、その逆も同じです。

SIMフリーとは…
もうお分かりですね、SIMロックの反対ですからスマホのSIMロックを解除しているものがSIMフリーなのです。
SIMフリーのスマホなら大手キャリアもMVNOも関係なくどこでも契約できるということです。また海外でも現地SIMを利用することが可能なので、海外旅行でも安くスマホが利用できるのも大きなメリットです。

SIMフリーのメリット

外観・通信環境は変わらない

SIMロックの端末と比べて見た目やデータ通信環境、音声通話環境など全く変わりありません。

今の電話番号をそのまま引き継げる

電話番号をそのまま引き継いで乗り換え出来る「MNP」に対応しています。大手キャリアで使っている電話番号をそのまま引き継げるから、安心して格安スマホに乗り換えれます。

好きな事業者を選べる

SIMフリーはどこのSIMカードにも対応するので、MVNOはもちろん大手キャリアともどこでも契約できます。

海外でも気軽に使用できる

海外ではSIMフリーが一般的だから海外旅行をする場合にSIMフリーは威力を発揮します。海外旅行をする場合、日本で国際ローミングという海外での通信プランを契約するより、
現地でプリペイドSIMカードを購入するだけで安くスマホを利用できます。ちなみに現地SIMカードは大体1,000円で1週間利用できます、これは国際ローミングより1/20の料金で済むのでかなりお得ですよね。

SIMフリーのデメリット

初期設定を自分でする必要がある

MVNOで契約する場合、SIMをスマホにセットしたり初期設定を自分でする必要があります。
SIMカードのセットや初期設定は割と簡単ですが、困ったときは事業者(MVNO)の公式サイトの手順に従い、それでも分からない場合はサポートで確認しましょう。

選べる機種が限られる

やはりキャリアのスマホラインアップよりも選べる機種が少ないです。しかし「SIMフリー義務化」によって、2015年5月以降に販売されるキャリアのスマホは全てSIMロック解除可能です。
MVNOに乗り換えする前にキャリアの販売店にてSIMロック解除してもらいましょう。