格安SIMとは

最近よく見聞きする「格安スマホ」、スマホ代が安いっていうのは分かるけどイマイチ中身が正直よくわからない、

そもそも格安SIMってなに?SIMフリーのスマホじゃないとダメってどういうこと?

なんて方もまだまだ多いと思います。

スマホ代が今より確実に安くなるのに「イマイチわかんないからパス」「面倒くさそうだから今のままでいいや」

っていうのは非常にもったいないと思いますよ。

ちゃんと理解すればあなたも格安スマホを簡単に手にすることが出来て、今よりもスマホ代がグーン!と安くなっちゃいます

まずは「格安SIM」について理解して一歩踏み出しましょう。

格安SIMとは何か?

SIMカードとは…

格安SIMを説明する前にSIMカードについて理解が必要です。SIMカードとはスマホに挿入して使うICカードのことです。
契約者を識別するために必要なカードで、電話番号や回線情報が記録されているためこれなくしてスマホは通信が行えません。
スマホとSIMカードはセットと思ってください。

格安SIMカードとは…

本題に入ります。
格安SIMとはMVNOと呼ばれる事業者が提供するSIMカードのことです。運営コストを抑えて利用者に提供しているため、大手キャリアに比べ大幅に安く提供されています。

MVNOとは…

格安SIMを理解するうえでまた新しい言葉が出てきました。
MVNOも格安SIMを理解するうえで大事です。MVNOの正式名称は「仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)」です…難しいので忘れてください。
簡単に言うと大手キャリアから通信回線を借りて格安SIMをユーザーに提供している事業者のことを言います。大手通信キャリアから通信設備を借りているので
通信環境の維持管理費が不要なためユーザに安く提供できています。

格安SIMにすると得すること

月額料金が安くなる

月額料金が大手キャリアよりも半額以下になります。プランもいろいろあり自分に合うものを選ぶことで節約になります。

インターネット・通話の品質はキャリアと同じ

インターネット・通話の回線は大手キャリア(docomo/au/softbank)のものを利用するため品質は変わりません。快適に動画も見れますし通話もクリアで全く問題無し。

今の電話番号をそのまま引き継げる

電話番号をそのまま引き継いで乗り換え出来る「MNP」に対応しています。大手キャリアで使っている電話番号をそのまま引き継げるから、安心して格安スマホに乗り換えれます。

最低利用期間が短い

大手キャリアでは2年間契約が基本で自動更新が当たり前、契約月以外では解約料がかかります。格安スマホはデータ通信ならいつ辞めても違約金がかかりません、音声通話付でも最低利用期間が6~12ヵ月程度です。
自動更新はありませんので、最低利用期間を過ぎればいつ解約しても違約金はかかりません。

格安SIMにすると損すること

通話料が高い

格安スマホは月額料金に通話料が含まれていないケースが多く、通話を利用すれば利用した分だけ課金されます(20円/30秒)。
中には定額プランも用意している事業者(MVNO)もありますが割高です。通話をよく利用する方は大手キャリアのスマホのほうが安く利用できる場合もあります。

初期設定を自分でする必要がある

基本的に販売店舗が少ないので格安SIMとスマホが自宅にそのまま郵送されます。SIMをスマホにセットしたり初期設定を自分でする必要があります。
SIMカードのセットや初期設定は割と簡単ですが、困ったときは事業者(MVNO)の公式サイトの手順に従い、それでも分からない場合はサポートで確認しましょう。

実店舗が少ないから困ったとき不便

大手キャリアのように実店舗を運営している事業者が少なく、トラブルや相談は電話やメールでのサポート窓口がメインです。