IIJmio

設立20年以上の信頼と実績で満足度がトップクラス!100万回線突破のIIJmio

「みおふぉん」という愛称で親しまれているIIJmioの格安スマホ。プランだけでなく通話料金も安く、利用状況に合わせて2種類のかけ放題オプションから選んで申し込みできます。

マルチキャリア対応でドコモとauから選んでプランもそれぞれ用意されているから、家族間で違うキャリアのスマホを使っていても一緒に乗り換え可能。ファミリープランで最大10枚のSIMカードが利用出来て10GBのデータ通信容量をシェア出来るのも魅力。

iijmio
  • 家族利用でもおトクなファミリーシェアプラン
  • 「バースト転送」で低速時もストレスフリー
  • 「クーポンスイッチ」で消費通信量を節約
IIJmio基本プランデータ通信専用SIMデータ通信専用SIM+SMS音声通話対応SIM
3GB900円1,040円1,600円
6GB1,520円1,660円2,220円
10GB2,560円2,700円3,260円

プランとSIMカード最大利用可能枚数を上手に使って容量シェア

同一プラン内であれば、タイプD(ドコモタイプ)とタイプA(auタイプ)間でデータ容量を分け合えます。これはIIJmioだけの特徴で、家族間でドコモ端末とau端末が混在していても通信容量を共用できるのは魅力的ですね。4枚目以降は400円/月の追加料金がかかるので注意しておきましょう。

また、一人でスマホとタブレットを使いたいときも1つの契約で2枚のSIMをそれぞれに挿して使えるから、端末ごとに契約するよりもトータルの料金を抑えられます。もちろんデータ通信だけじゃなく音声通話対応のSIMを使うこともできます。
iijmio_plan

ドコモとauの回線利用だから、契約タイプをドコモとauどちらか選べるMVNOは貴重

IIJmioは2016年10月よりau回線を提供を始めました。これにより、ドコモ回線とau回線どちらでも選ぶことが出来るようになったため、お持ちの端末がドコモでもauでもどちらでも対応可能となります。au端末は人気があまりないので中古端末が安く手に入るからau端末で利用できる格安SIMは貴重といえます。

au端末を利用する前に事前にSIMロック解除が必要です、auは契約者本にでなくとも店頭にて解除可能ですが3,000円の手数料がかかりますので注意してください。ちゃんと対応する端末かどうかも事前チェックが必要なので、公式HPで「動作確認端末」一覧で確認してみてください。

「みおふぉんダイアル」で電話番号そのままで通話料がおトク

他の事業者でも通話定額プランが用意されていますが、3分以内と5分以内の2つのかけ放題プランがあるのはIIJmioの特徴です。

「通話定額3分」月額600円で誰とでも3分以内かけ放題、家族間なら10分以内かけ放題
「通話定額5分」月額830円で誰とでも5分以内かけ放題、家族間なら30分以内かけ放題

日本の平均通話時間は2分25秒という調査結果が出ているので、3分も利用しないという方にとって時間を選べるのは魅力的。
※出展:総務省「平成26年度 通信量からみた我が国の音声通話利用状況(概要)」

ほとんど通話しないという方は、定額プランを登録しなくても、みおふぉんダイアルアプリを利用すれば基本的に通話料が半額になります。