回線が早く料金も安い格安SIMが欲しい

格安SIM、格安スマホに興味はあるけど、
失敗したくないなー
速度や通信スピードが遅いとイヤだなー
キャリアと比べ本当に安くなるのかーなー
格安SIM選びが難しそうだなー と思っていませんか?
イオンスマホ、イオンでも取り扱いを開始したこともあり格安SIMの知名度もどんどんアップし、「スマホ節約術」の一つとしてドコモやAuのキャリアでな
格安SIMを使うことが定番になってきました!

なんといってもキャリアの半額以下に通信費を出来ることが可能です!
通信量が断然安いので、動画やダウンロードを頻繁に行う人はもちろん、動画もあまり見ないし、たまにネットサーフィンするくらいでで、あとはLINEやアプリのチェックくらい・・・・というライトユーザーも格安SIMが絶対におすすめ

格安SIMの選び方はとっても簡単です。ぜひ参考にしてください

大手キャリア以外が提供するSIMカードが「格安SIM」

通信事業者にはMNO,MVNO,MVNEの3つが存在します。 MVNOはmobile Network Operator の略で移動体通信事業者のこと。直接ユーアーにサービス提供をしているキャリアのことで、ドコモ・ソフトバンク・auがこれに該当します。

MVNOは Mobile Virtual Network Operator の略。バーチャルという文字通り「仮想移動体通信事業者」と呼ばれています。
NVNOはMNOから無線通信設備を借りて、利用者に通信サービスを提供しています。MVNO業者=格安SIM業者と覚えておいて下さい。
代表的な会社としてイオンモバイル、楽天モバイル、IIJmio、OCNモバイル、DNNモバイル、FREETELなどがあります。

MVNO業者はキャリアから回線を借りるので、キャリ(MVO)のように大きな初期投資や店舗維持費用や人件費がカットできるため、同じ回線でもかなり安価で提供できるのが強みです。 格安SIMで料金が安くなるカラクリはそういう意味です。

格安SIMはどこまで安くなる?安くなる理由は?

結論から言うと、格安SIMを利用すれば「ほとんどの場合は今より通信量を抑えることに成功できます。」
格安SIM提供者(MVNO)はドコモやauなどから回線を借りています。そのため初期投資が少なく、それらを維持するコストもかかりません。キャリアの場合は食投資に加え、店舗の人件費や地代家賃もコストに計算されるので、どうしても割高な通信量通信費に。 販売コストに関しても全国にショップを持つキャリアに比べ、MVNOでは基本的通販型をとっているので、人件費も圧倒的に抑えられ、結果的に「料金」に反映させることで割安な料金を実現しています。

音声通話とデータ通信という電話としての機能はMVNOもMVOも変わらないということです。キャリアのようにキャリア独自の「かけ放題のプラン」や「○○.docomo.ne.jpのようなキャリアメール、idなどキャリア独自のサービスが絶対に必要ならキャリアを使う意義もあるでしょう。 しかし電話をかける機会も減っているし、LINEでも電話できるし、通話アプリを使う機会も増えていま

キャリアでなければ困る・・・というケースは本当に稀です。 なんとなくキャリアが安心!という気持ちは分かりますが、キャリアも格安SIM業者(MVNO)も同じ回線ですし、ヘビーユーザーでもない限りキャリア回線も格安SIM回線も変わりません。 それなのに費用、料金は半額以下!! 

音声通話アリでも4,000円から5,000円くらいは安くなります。

キャリアの儲けのネタは「通信量」です。 スマホになってユーザーは電話よりもアプリやネットサーフィンなど通信に時間とお金をかけるようになりました。 昔に比べ通話時間が激減し、その代わりデータ通信が非常に大きくなった。

例えば毎月5GBくらいの通信量を使っているとする。 そうなるとドコモユーアーであれば
・ドコモデータパック(M)5,000円
・カケホーダイプラン 1,700円
・SPモード使用料 300円の合計7,000円が最低でも必要になる。

格安SImの場合、楽天の場合は「5分かけ放題オプション」を入れても5Gプランなら「2,150円」にかオプションを加えても月額3,000円で済む。同じ容量でも半額以下になる計算だ。
キャリア並みの店舗数やサポートが本当に必要ならキャリアスマホを使うえばいい。
しかし多くの場合、ここまで安くなってデメリットの少ない格安SIMに乗り換えたほうが経済的にもかなりメリットが大きいのです!!

iphoneは格安SIMで使えるのか問題について

日本で人気のiphoneを格安SIMで使いたい。つまり格安SIMカードを差し込めばiphoneで使えるのか?という問題の答えは・・・・・
条件つきで YES です

2016年8月現在ですが、まずソフトバンクのiphoneはどんな最新機種であれ利用できません。
格安SIM&iphoen の組合せはiphoneが「ドコモのiphine」か「auのiphone」である必要があります。

01_spx400

  • ドコモのiphoneを持っている場合について
  • ドコモの場合はそのまま格安SIMが使えます!(SIMロック解除なしで) ドコモのiPhon 5cや5sはもちろん、最新の6、6 PlusSEのiPhoneも使えます。

  • auのiphoneを持っている場合について
  • auの場合はいくつか特徴注意点が。まずデザリングとSMS送受信が出来ません。どうしても必要な場合はドコモのiphoneを使うことに。またauはドコモに比べ選択できるMVNOの数が少なく、現時点ではUQmobileとmineoの2社だけです。

    その他にも通信規格の影響でauのiPhoneを格安SIMで使うと4Gの圏外ではデータ通信ができません・・・ですので個人的にはauのiphoneを格安SIMで利用するのはお勧めできません。

  • ドコモのiPhoneをドコモ回線の格安SIM(格安SIMはほぼドコモ回線です)で使う
  • SIMフリーiPhoneをドコモ回線の格安SIMで使う
  • auのiPhoneでau回線の格安SIM(mineoまたはUQモバイル)を使う

    格安SIMをiphoneで使うなら、この3つしかありません。ドコモのiPhoneならほぼ問題なく格安SIMが使える!のが特徴。iPhoneに挿入されているドコモのSIMを外し格安SIMに差し替えて簡単な設定を行うだけでiPhoneで格安SIMを利用することが出来ます。

    Appleの公式サイト等から買えるSIMフリー端末であれば基本的にどこの回線でも使えるので格安SIMを入れて安く使うことも出来ます。

    格安SIM おすすめランキング

    BIGLOBE
    biglobe
    • シェアSIM利用で通信容量を分け合える
    • 余った通信容量を繰り越せる
    • 店頭で即日手続きが可能
    6GBや12GBのプランならシェアSIM利用でデータ通信容量を分け合うことができる。家族みんなで分け合うことができ、タブレットやゲーム機などの端末に使ったり一人で2台持つことも可能です。使い切れずに余ってしまった通信容量を繰り越すこともできるので、無駄なく利用できて安心です。
    「Gポイント」というポイントサービス制で、BIGLIBE SIMやスマホ、タブレットなどの利用でポイントが溜まり、月額料金のお支払いや航空マイルや電子マネーに交換することもできます。

    mineo
    mineo
    • ドコモやauがそのまま乗り換えできる
    • 通話定額がおトクに利用できる
    • 提携店舗で初期設定サポート実施中
    ドコモやauなら利用中の端末を、買い換えずそのまま格安スマホに乗り換えることができます。電話番号も変更することなくそのまま利用可能。プランは、データ容量だけのプランを契約することができたり、通話も必要だけど節約したいという方でもおトクに利用できる通話定額などもオススメです。
    今なら、全国の提携店舗でSIMカードの差し替えや初期設定が不安な方にサポート実施中です。
    OCN モバイル ONE
    ocn
    • 日次・月次プランから選べる
    • 全国約82,000ヶ所でWi-Fiが利用できる
    • セキュリティ対策や補償サービスがが充実
    日次・月次の6種類から選べる豊富なプランが特徴的。初めての方でプラン選択に迷った場合は、日次コースの最小プランがオススメ。1ヶ月に1回はプラン変更が出来るので利用状況に合わせて変更するとおトクに利用できます。
    端末補償サービスやセキュリティ対策もしっかりしているので安心です。
    IIJmio
    iijmio
    • 最新のスマホやタブレットが安く利用できる
    • 高速データ通信がおトクに利用できる
    • 確実なサポートで安心できる
    ファミリーシェアプランで家族や複数台持ちで分け合うことができる。ON/OFFの切り替えで使い過ぎ防止ができたり、高速や低速通信をいつでも切り替えできるので効率的に利用できます。初期データ量を使い切ってしまっても追加で容量をプラスすることができるので安心。
    最新機種の対応スピードも業界トップクラスなので魅力的です。